独身の頃との生活の違い

今日は天気がいいですね。独身の頃、ゴールデンウィークに海外に行くことはありませんでしたが、年末はよく、ヨーロッパに出かけていました。毎年のように、家族で、グァムやハワイに出かけられるのは、芸能人の方だけと思っていましたが、今は、一般の方でも普通なのですね。テレビでよく、成田空港の絵が出てきますが、家族連れでごった返しています。

お正月の番組で、芸能人の方が、ハワイに到着された映像が流されます。以前は、うらやましいと感じていましたが、今では、なんとなく、ほっとする、見ていて、懐かしいものを見るとようなまなざしが自分の中に生まれてきたような気がします。人をあまりうらやむことが無くなった。こんな印象です。それは満たされているからでは無く、あまりにも自分のおかれている状況が不幸だからです。天と地ほども違う、芸能人の家族の皆様に、あこがれることはありません。ただ、テレビに映るハワイの光景を見て、以前おとづれたときのことを思い出し、「知っている」ということだけで、満足しているだけなのです。子供のころ海外にあこがれていた自分がいました。バブル景気で、10回以上、海外に出かけることができました。夢の世界です。